病院での薬剤師の配置基準

病院での薬剤師の配置基準について

病院での配置基準というのは最低限満たしておかなければいけない職員の人数と言い変えることもでき、それだけの人数が揃っていない状況があってはいけないことになると言えます。積極的に採用をしている場所では、この基準を満たすことが危うくなっているからということもあると言えるでしょう。この配置基準というのは問題になることが多く、しっかりとした現場を考慮されていないと考えられる事もあると言えます。そのため多くの医療機関は配置基準を大きく上回る職員の配置を心がけていることになると言えます。

薬剤師にも当然配置基準はあります。薬剤師の場合、外来では、処方箋75枚に対して1人薬剤師を置くことが決まっています。病棟の配置基準としては、病棟の種類にもよりますが、一般的な病棟であると70人に1人配置することが必要とされています。精神病院などの特別な病院になっていくと、150人に1人という割合で薬剤師を配置することになっています。

このような決まりはあり、最低限の医療を保障するラインとされていますが、実際にはこの配置基準であると最低限の医療も保障することが難しくなってしまう場合のほうが多いと言えるでしょう。配置基準の改定が必要であると多くの人から言われていることになります。

薬剤師一人の負担する業務が多くなると当然、それだけ疲労や責任感の重大性につながっていくと言えるでしょう。業務や責任が多くなればやりがいが大きくなるとも言えますが、限度があります。限度を超えてしまうと、大切な人材を潰してしまうことにもなりかねません。そのため配置基準を改めることで、薬剤師の負担を軽減していこうという流れになっていると言えます。

転職をする時などに、薬剤師がどれくらいいるかということをチェックすることもあると思いますが、しっかりと基準を満たしているか、それともギリギリのラインなのかを知っておくことも重要ということができます。

ただ、満たしていればそれで良いということでもなく、機能的な満たし方をしているか、それとも単純に人数がいるだけなのかもできるだけ把握しておきたいものと言えるでしょう。他の職員にも言えることであり、他の職員の配置の基準もしっかりとできれば確認しておいた方が良いです。薬剤師の専門性からあまり他の専門家の仕事を手伝うということはありませんが、簡単な事務作業を任されてしまうことも可能性としてはあると言えます。少し注意しておく必要があります。

病院薬剤師への転職ならエージェントを使おう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細