病院と調剤薬局の薬剤師の違い

病院で働くと調剤薬局で働く薬剤師の違い

薬剤師として働く時に、病院と調剤薬局で迷ってしまう人が出てくると言えます。どちらも薬剤師として活躍できる領域になりますが、その違いを理解しておくことは必要となるでしょう。病院の薬剤師と調剤薬局の薬剤師と大きく違うのは他の職業との関わりになってくると言えます。実際業務自体は似ているものがあるのですが、他の職業と触れ合いがあるかないかによって仕事の幅に大きな差が出てくると言えるでしょう。

調剤薬局の薬剤師は、薬剤師同士の繋がりが大きくなるとは言えますが、医療チームとして他の職業の人と触れ合うことは少なくなります。一方病院では医療チームとして責任を負うことになり、薬剤師としてではなく、医療人として患者としっかり向かっていくことが必要になるでしょう。その業務の中で、注射に関する薬剤を扱ったり、カルテなどを参照する事も多くなると言えます。他の医療事情に関しても詳しくなることができるでしょう。

その分当然忙しくもなってきます。時には激務に近いものになることもあるでしょう。休みも少なくなってしまう傾向が強いのが病院の薬剤師になります。やりがいが大きいと感じる人もいれば、忙しさのあまり自分にはあまり適していないと感じてしまう人もいます。そのため好き嫌いが別れていくことも多いと言えるでしょう。

調剤薬局の場合、その点ゆったりと仕事が出来る面もあり、長期的に仕事をしていくには適していると感じる人が多くいると言えるでしょう。しかし薬剤師としての重要度が変ることわけではなく、しっかりとした仕事ができないと、多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。調剤薬局の場合地域の人と触れ合う事もできるため、生活に近い薬剤師として活躍することはできるでしょう。

調剤薬局も病院や医療機関とどのような関係を持ってるかによってその立場が変ってくることもあります。調剤薬局でも病院色が強いと、病院で働く薬剤師と似たような環境になることもあると言えるでしょう。病院の薬剤師も、特色によっては他の職業との関わりが薄い場合もあります。しっかりとそれらを調べて自分と合っているかを確認することは必須になります。実際に働いていったが、あまり活躍することができない環境であるということはできるだけ避けていきたいものです。現場で働いていく時に、薬剤師として有効な時間を利用できるように、調剤薬局でも病院でも、特色というのは理解しておいた方が良いでしょう。

病院薬剤師への転職ならエージェントを使おう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細