病院での薬剤師の仕事内容

病院で働く薬剤師の主な仕事内容とは!?

薬は治療を考えていく上で大きく重要な存在になります。その薬をしっかりと扱うことができる薬剤師は、医療のメンバーの中で欠かせない人材でしょう。そんな薬剤師が病院ではどのようなことをしているかというのは意外と知られていない面があります。薬の研究をしているだけと考えられてしまうこともあるようです。しかし実際には薬に関わる多くの業務をこなしていることになり、研究や開発というのはそのうちの極一部と言ってしまうことができます。

病院の薬剤師としての仕事は薬の調剤がメインになるところもあれば、薬の管理がメインになることもあります。調剤というのは文字通りであり、患者さんの状態に合わせて薬を調剤していくことになります。成分などの微妙な調節が必要になることもあり、一般的に薬剤師としての知識や技術が最も表現しやすい業務であると言えます。

薬の管理というのは、病院の薬の管理もそうですが、患者さんの服薬情報などを集めていくことも含まれると言えるでしょう。この管理がしっかりしていないと、当然間違った薬を提供してしまったり、保管している薬を把握することができなくなるなど、大きな医療ミスにつながってしまう危険性もあります。データや情報を管理する業務になるため、薬剤師の仕事に思えないと感じる人もいますが、薬剤に関する詳しい知識がないと管理することは不可能になるため、管理の部分も薬剤師の重要な仕事になっていると言えるでしょう。

この他、医師や他の医療職の人に対して薬の情報を提供したり、ミーティングをしていくことも大切な業務になっていくと言えます。特に病院の場合には多くの職業がいることになるので、情報の交換、公開というのは非常に重要になってくると言えるでしょう。

そして、最終的に薬などの使い方、副作用などについてを患者さんや利用していく人達に伝えていく仕事になります。これは専門職に対しての説明ではない為、より一般的な言葉での説明になります。これも大切な業務であることに変りはなく、特に副作用などについての理解をしてもらうことは薬剤師の技術にかかっている面もあると言えるでしょう。

研究機関などと関連のある医療施設であると研究に薬剤師が関わっていくこともあります。薬剤師として働いていく時に、どの業務に重点が置かれているかは場所によって違います。転職の時には是非確認しておきたいところと言えます。薬剤師にも得意な業務とそうでない業務があるでしょう。

病院薬剤師への転職ならエージェントを使おう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細