病院勤務の薬剤師の夜勤

病院で働く薬剤師の夜勤について

薬剤師の場合夜勤とはあまり縁がないように見えてしまいますが、実は病院薬剤師の場合夜勤というのは当たり前のように存在していきます。夜勤のイメージは看護師が強いと言えますが、薬剤師の場合も夜勤をすることが多くあります。というのも薬剤師の場合も緊急時に必要な業務が多くあり、救急患者が出てくるような時に薬剤師がいないと非常に困るということは現代の医療では多くあると言えます。そのため病院の夜勤として薬剤師が配置されることになっています。

病院の夜勤として働くので、当然夜勤の給料は高くなることが多いです。しかし薬剤師として夜勤で働くことに前向きな人というのは少なく、やはり嫌煙されてしまうことが多いです。理由としては不規則な生活になりがちということと、家庭を持っている人にとって、夜勤というのは大きな負担になってしまうことが多いです。また夜勤であると配置されている人数自体が少なく、ひとりひとりの責任が大きくなってしまうということもあると言えるでしょう。

薬剤師として夜勤がなくて当たり前だと思っていると、病院の薬剤師として働く時に思わぬ衝撃を受けてしまう可能性もあると言えます。病院によっては夜勤がない場所もあります。一般的に大きな病院になっていくと、薬剤師でも夜勤が発生していくことがあると言えるでしょう。

看護師でも夜勤があるので薬剤師でも夜勤があって当然と考える人もいるかもしれません。しかし実際には、現場の看護師の数と薬剤師の数というのは大きな差があり、薬剤師として勤めていくと、夜勤の回数が多くなってしまうということも考えられます。そのためなかなかハードな勤務になってしまうこともあるでしょう。

薬剤師として夜勤を経験するというのはそれはそれで非常に良い体験になっていくと言えます。夜勤を体験することによって、薬剤師として珍しい経験をすることもできるでしょう。また救急医療に関わるチャンスを必然的に多くすることができ、将来的に認定薬剤師や、救急医療に関わっていきたいと考えている人にとっては、非常に多くのチャンスの機会が与えられると言えます。一般的に大変と思われることが多い夜勤でも、考えようによっては、大きなチャンスであり、薬剤師として成長していくきっかけにしていくこともできるでしょう。

夜勤としていく上では、当然体調管理をしっかりしていくという基本的なことが大切になります。自己管理も薬剤師の仕事の内と言ってしまうことができるでしょう。

病院薬剤師への転職ならエージェントを使おう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細