学校の薬剤師募集をお探しの方!

学校の薬剤師募集を探す

子どもたちが集う学校にも薬剤師が必要です。学校薬剤師と呼ばれる立場の薬剤師ですが、薬局や医療機関の薬剤師とは違い、ただ医薬品を管理するだけが仕事ではありません。その学校に通う子どもたちの状況などを鑑みて、学校の保健計画や学校の安全計画に参画すること、計画立案の中心的なポジションを担うことが期待されています。資格としては薬剤師の資格を有していれば誰でもなることができますが、少子化が進み子どもの数が減少しつつある現在では教育の質が問われています。そのため、極めて教育的な観点で人材として審査されることが多く、ポジション的にも枠数が限られていることから簡単になることができるという状況ではありません。

薬剤師としての基本的な知識やスキルは持っていて当然なのですが、その先に求められるのは時勢に沿った疾患への理解や、環境が生徒たちに与える健康的影響についての理解です。屋外活動や課外授業の際の安全確保、修学旅行など宿泊を伴う行事の際の健康維持に関する責任を負うこともあります。

人格的に求められることは教育者としての自覚であり、生徒たちから見れば保険の先生そのものである場合もあります。基本的には非常勤であり、受け持ちの生徒がいるわけでありませんが、生徒に触れ合うことがある以上、その言動や振る舞いが生徒に与える影響に関してしっかりと理解できていることが必要です。子どもがかかりやすい季節性の疾患について正しく理解し、指導という形でしっかりと生徒が予防することができるように手配するのも仕事ですし、学校施設自体の衛生状況や保険状況についても責任を負う重要なポジションです。

資格を活かして子どもに触れ合う仕事がしたいという方や、教育的な観点を持って地域に貢献したいと考えている方に最適な仕事です。調剤や研究室とはまた違う観点が必要ですので、新しく学ばなければいけないこともたくさんあります。志している方は転職エージェントのコンサルタントなどに相談するところからはじめるのが最適で、必要な知識やそれを得るための研修について相談に乗ってくれます。

各市町村の学校薬剤師会が教育委員会に推薦し、任命されるという形でなることができますが、薬剤師の人材自体が不足しつつあることもあり、人材の登録が豊富な転職エージェントにも情報が存在している可能性が高いです。また、非常勤であり単独で判断しなければいけないことも多いため、まずは知見を磨くということから始める方が多く、それまで派遣などで繋ぐ場合にも、転職エージェントは有用です。

学校勤務の薬剤師を探すならこのサイト!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細